屋台に合うのれん

のれんの活用法のれんは王道のマーケティングツールです。
お店の第二の看板とも言えるアイテムです。


お店の前を通る不特定多数のユーザーに対して、店名や商品などを効果的にPR出来ます。
飲食店にはお馴染みのアイテムであり、特に和風系のお店にはあった方がインテリア的にも雰囲気が良くなります。

馴染みやすいアイテム

のれんを作りたい、そう感じた時はいきなり専門店にオーダーするのではなく、まず「目的」を明確にしましょう。
どういったコンセプトで、のれんを掲げたいか今一度自問自答し、宣伝をメインの目的にするのか
インテリアアイテムとして加える事を軸にするのか、それとも雨風からお店を守るために
設置するか等、狙いを明確にした上でオーダーすべきです。

目的が明確にならないまま、専門店に相談しても良いのれんのデザインは出来上がりにくいです。
依頼する側が要点を把握しきれていないと、受注した専門店サイドもデザインに苦慮し、
制作に時間が掛かったり、何度もデザインの打ち合わせを重ねたりと、非効率な作業になりかねません。

進めにくい

生地の色や長さや形状、今では多種多様な物がありますまで、前もってカタログやHPでよく吟味しておきましょう。
宣伝目的であったとしても、どのような文言をデザインするのか、絵柄はどんな方向性にするのか、
和風テイストを前面に押し出すのか、それともあえてオリエンタルなムードではなく
都会的なモダンでシンプルなのれんにするのか、前もってメモに書きだしておき、
それに基づいて専門会社に相談をすればスムーズに制作の過程が進みます。