トップ

人によってはのれんというものが馴染みのないものに思われる方も
いらっしゃるようですが、よくよく意識をしてみてみると
自分が思っている以上にのれんは多くの場面で活用されていることがわかります。


製作方法も変化を見せ、より早く、美しいデザインを表現できるようになってきています。

現在は既製品ののれんの通販もたくさん販売されており、魅力的な商品が多いのですが
文字入れをする場合や、どうしても手作りにこだわりたいという場合は
オーダーを出して作ってもらうことも出来ます。


竹の棒

 

歴史のある工場になると、高級旅館やホテルなどの注文により製作をする所もあり
染め技術にもこだわりがあります。1つ1つ丁寧に仕上げるので、

納期は1週間からのれんの注文数が多い場合は3週間程度時間がかかる場合もあります。

 

実際にのれんを下げるためには専用の棒が必要になりますが、このお店ではのれん棒の販売もしていますので
一緒に注文すると商品が到着してからすぐに取りつけてご利用いただけます。

なお棒の素材はお好みにより、スチール製か竹の棒を選ぶことが出来ます。


どの棒を使われるかはお店の雰囲気や設備にもよって異なりますので、
安全性か雰囲気なのか、自分が重視したい部分ははっきりさせておくと良いでしょう。


また、使用する素材にもいくつか種類があり、のれんに入れたいデザインや
かける場所の雰囲気、また作り手の持っているイメージによっても
向いている素材というのが変わってきます。
染める技術


特にお店で使われる場合はのれんが看板代わりにもなるため、意外と選択肢が多く
悩む場面も出てきますが、それを楽しみに変えてのれんの製作を考えてみてはいかがでしょうか。

 

昔はただの無地の布だった!?日本独特の文化「のれん」の歴史

 

のれんは全世界で日本にしかなく、和風を感じさせられて外国人にも人気があります。
のれんは平安時代に絵巻物に、既に描かれており、風よけ雨よけとして使用され始め
あらゆる家々の入り口などにかけられていました。

 

鎌倉時代に入るとお店の商標やロゴが書かれるようになり、「看板」をイメージさせるようになっていきました。
江戸時代に入ると、綿素材の染め物が普及し、のれんに白抜きの文字が
書かれることが増えて、広告媒体を担うようになりました。
染め色の使い分けもなされるようになります。

長いタイプのものは日焼けしてはいけない商品を扱った店にかけられ、短い長さのものは
邪魔にならないので夜になっても取り込まずそのままにしているお店も多くありました。

日除け暖簾は割れ目がなく看板のような役目をはたしていました。
風が吹くとばたばたと音が鳴るので音で集客を、ねらっていたという説もあります。
のれんはいろんな約束事もある奥の深い染め物です。