のれんの意味

手作りののれん・オーダーのれんで世界に一つだけののれんをのれんは漢字で表わすと暖簾になります。

もともとはのんれんと言ったそうですが、だんだんに変化してのれんになりました。

暖という漢字が使われるのを見てもわかるように、のれんは本来、寒さを防ぐ目的のものでありました。

店先

 

その後、日光や風を避けたり、外から中を見えにくくする目的でも使われるようになりました。

現在は一般のお宅でも使われますが、のれんというと商家の店先を思いだす方が多いと思います。

 

 

はじめは寒さや日光からお店の品物を守るために店先に吊るされるようになったと考えられますが、
そのうちのれんに店の屋号などを染める事によってお客様に店を認知していただくという意味も加わるようになります。

のれんという言葉を使ったことわざなどに商売に関するものが多いのは、一般に認知されるきっかけが商家からだったからです。

目印
そういった歴史を持つのれんですが、現在でもその形はほとんど変わることなく
愛され、活用されつづけています。


昔から、水引のれんや半のれんといった一般的な長さよりも短いものは
商売においては「入りやすさ」を表していたり、また白色が使われているのは
薬屋や砂糖を使っているお菓子屋などの意味を持っています。


このような役割、考え方を大切に残しながら、少しずつ新しい方法も加わって
のれんは受け継がれています。